PREV NEXT UP

ネットワーク利用のエチケット(ネチケット)

法律上の義務

ネットワーク・システムの利用に関連する法令は次のとおりである。なお、こ れらに違反する行為は、いずれも犯罪行為であり、 処罰される行為である。システムの利用者は、これらの義務を遵守すべきであ るのはもちろんのこと、同システムの利用に際して、法令に触れる行為をして はならない。
  1. コンピュータで使用するファイルを不正に作成してはならない(刑法 161条の2)
  2. コンピュータを破鏡したり不正の指令を与えるなどしてコンピュー タによる業務を妨害してはならない(刑法234条の2)
  3. コンピュータに不正の指令を与えるなどして、コンピュータを誤作 動させ、不正の利益を得てはならない。(刑法246条の2)
  4. コンピュータで使用するファイルを破壊してはならない。(刑法258 条、259条)
  5. 他人の特許権を侵害してはならない(特許法196条)
  6. 特許がないのに特許とまぎらわしい表示をしてはならない(特許法 198条)
  7. 他人の商標権を侵害してはならない(商標法78条)
  8. 登録商標でないのに、これと紛らわしい商標を使用してはならない (商標法80条)
  9. 他人の著作権、著作者人格権、出版権、著作隣接権を侵害してはな らない(著作権法119条)
  10. 著作者でない者の実名または周知の変名を著作者であるとして表示して、 著作物を頒布してはならない(著作権法121条)
  11. 商業用レコ}ドを複製し、その複製物を頒布してはならない(著作権 法121条の2)
  12. 他人の商品と誤認するような商品表示をしたり、国際機関の標章と 誤認させるような標章を使用して不正競争をしてはならない(不正競 争防止法13条)
  13. 大臣の許可を得ないで第1種電気通信事業を営んではならない (電気通信事業法100 条)
  14. みだりに電気通信事業者の設備を操作して、ネットワーク・サービ スの提供を妨害してはならない(電気通信事業法102条)
  15. 宅気通信事業者が取扱中の通信の秘夜を侵してはならない(電気通信 事業法104条)
  16. 他人の名誉を毀損してはならない(刑法230粂)
  17. 公然と他人を侮辱してはならない(刑法231集)
  18. 他人の生命、身体、自由、名誉または財産に対して危害を加える旨 を告知して脅迫してはならない(刑法222条)
  19. 虚偽の風説を流布するなどして、他人の信用を 毀損し、または、他人の業務を彷害してはならない(刑法233集)
  20. 他人の物を盗んではならない(刑法235条)
  21. 他人を欺いて物を交付させたり、財産上の利益を得たりしてはなら ない(刑法246条)
  22. 未成年者の知慮浅薄または他人の心神耗弱を利用して物を交付させ たり、財産上の利益を得たりしてはならない(刑法248条)
  23. 他人を恐喝して物を交付させてはならない(刑法249条)
  24. 自分が占有する他人の物を横領してはならない研り法252集)
  25. 賭博をしてはならない(刑法185条)
  26. 富くじを発売してはならない(刑法187条)
  27. わいせつな文書、図画その他の物を頒布したり、 公然と陳列してはならない(刑法175条)
  28. 営利の目的で、淫行の常習のない女子を勧誘して姦淫させてはなら ない(刑法182条)
[NEXT:E-Mail]